エントリー|学生からよくある質問

この記事はこんな方にオススメ

  • エントリーについて基本情報を確認したい
  • エントリーについて質問を受けることが多い

就職支援において、就職先へのエントリーについて質問を受ける場面もあるかとおもいます。ここでは、エントリーに関する支援のポイントをご紹介いたします。

エントリーについての基本情報

  • エントリーとはその応募先に“興味があります”という意思表示のこと
  • 企業の採用サイトや就職情報サイトなどから個人情報を応募先に送信することで、その後の説明会や選考情報をもらえるようになる
  • エントリーの流れ一例:就職情報サイトに登録→企業検索→企業ページからエントリー→サイトに登録した個人情報を送信
  • 最初の段階では幅広い業界・企業にエントリーして情報を得ることが大事
  • 学生モニター調査では平均20.3社のエントリー結果(2022年卒 マイナビ学生就職モニター調査 2021年3月~7月)

エントリーに関してよくあるFAQ

エントリーしたら説明会や選考に参加しなければなりませんか?

エントリーと説明会予約・選考参加は異なります。エントリーすると説明会日程などの情報が届くので、そのうえで参加有無を決めることが可能です。ただし企業やエントリー方法(求人票から応募など)によっては、エントリー=説明会参加などとしている場合もまれにありますので詳細を確認しましょう。

何社くらいエントリーしたら良いでしょうか?5社では足りませんか?

何社が良いとは一概に言えませんが、平均20.3社(上記調査)という情報を目安にしても良いかもしれません。大切なのはエントリーの先をイメージすることで、説明会→適性検査→エントリーシート→面接…などと進んでいきます。すべて合格できるとは限りませんし、自分の志向が変わることもよくあります。また、良いなと感じる企業が出てきたら、同業他社を調べて比較することも重要です。こんなにたくさんの企業が待ち受けているタイミングは人生で二度とありません。最初はあまり絞り込まずに広く調べてみましょう。

学生にとっては初めての就職活動ですので、できるだけエントリー後の活動がイメージできるような前向きな説明を心掛けたいものです。

あわせて読みたい

まずはここから取り組みたい

  • エントリーした後の流れについて、学生が正しく理解し安心して進められる説明を考えてみてはいかがでしょうか

就職支援 - ページ一覧

  1. スケジュール|就職・採用活動の動きとは
  2. インターンシップ|参加前後の支援とは
  3. 自己分析|ツールや支援方法の工夫
  4. 仕事研究|自分に合った仕事の見つけ方
  5. 筆記試験対策|学生の意欲を高めるために
  6. エントリー|学生からよくある質問
  7. 説明会|学生からよくある質問
  8. エントリーシート・履歴書|添削のポイント
  9. グループディスカッションとは?対策と練習方法、評価ポイント
  10. 面接|フィードバックのポイント