自己分析|ツールや支援方法の工夫

この記事はこんな方にオススメ

  • 自己分析について学生支援することが多い
  • 自己分析について支援の工夫を知りたい

就職支援で欠かせないキーワードの1つとして「自己分析」「仕事研究」が挙げられるとおもいます。より自分が活躍できる仕事選びをするためにも、自分を知る「自己分析」について支援をされるシーンも多いことでしょう。ここでは、自己分析を支援するうえでのポイントをご紹介いたします。

自己分析の方法

  • 適性検査を受検して自分が共感できるキーワードなどを探す
  • 自分の過去・現在・未来について、出来事や仕事観などを書き出す
  • 他者から自分がどう見られているかを聞き、長所・短所などを書き出す

他にも様々な方法があります。
初めて自己分析をする学生に対しては、より学生自身が取り組みやすい簡単な方法をご紹介するのが良いかもしれません。

あわせて読みたい

自己分析を支援するうえでの工夫

  • 先輩の自己分析ノートやエントリーシート添削例など、事例を見せることでよりイメージをもたせる
  • 自分の過去を振り返るフェーズでは、これまでの人生を3つに分ける、幼少期からの感情が動いた出来事を書き出すなど、捉える視点のヒントを与える
  • 自分と仕事を結び付けるフェーズでは、興味・能力・価値観などカテゴリに分けた具体例のヒントを与える
  • 自分の経験について深掘りするときには、なぜ(動機)・どのように(方法)などを考える時間を取る
  • 一度書き出した後、上手く書けない部分がある場合は個別面談を活用するように促すなど、学生がつまづきやすいところで面談を効果的に使う

初めて取り組む学生にとっては実例があったほうがわかりやすいとおもいますが、模倣しすぎないように幅を見せることが大事なのかもしれません。

まずはここから取り組みたい

  • 初めて自己分析に取り組む学生に対して、工夫できそうなことがあるか考えてみてはいかがでしょうか

就職支援 - ページ一覧

  1. スケジュール|就職・採用活動の動きとは
  2. インターンシップ|参加前後の支援とは
  3. 自己分析|ツールや支援方法の工夫
  4. 仕事研究|自分に合った仕事の見つけ方
  5. 筆記試験対策|学生の意欲を高めるために
  6. エントリー|学生からよくある質問
  7. 説明会|学生からよくある質問
  8. エントリーシート・履歴書|添削のポイント
  9. グループディスカッションとは?対策と練習方法、評価ポイント
  10. 面接|フィードバックのポイント