セミナーレポート|10/6開催|【支援力UPセミナー】大学向け調査および2023年卒総括から見る今後のキャリア支援

2022年10月6日にて「【支援力UPセミナー】大学向け調査および2023年卒総括から見る今後のキャリア支援」と題しまして、セミナーを実施いたしました。ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。本記事では開催報告としてセミナーレポートをお届けいたします。

開催概要

名称

【支援力UPセミナー】大学向け調査および2023年卒総括から見る今後のキャリア支援

日時

2022年10月6日(木)13:00-15:30

形式

オンライン

参加対象

大学・大学院のキャリア支援・就職支援に関わる教職員の方

参加費

無料

内容

  • <第1部> 13:00-14:00|大学向け調査「キャリア・就職支援への取り組み調査」結果報告
  • <第2部> 14:00-14:20|低学年向けキャリア支援企画活用事例と今後の提供企画について
  • <第3部> 14:30-15:30|2023年卒 就職戦線総括および2024年卒 動向予測(全国版)

※入退室自由で、第1部のみ、第2部のみ、第3部のみの参加も可能といたしました。

講演者

  • <第1部> マイナビ編集長 高橋 誠人/キャリアサポーター 谷口 有
  • <第2部> マイナビ副編集長 吉田 優太
  • <第3部> マイナビキャリアリサーチLab 主任研究員 東郷 こずえ

主催

株式会社マイナビ 就職情報事業本部 マイナビキャリアサポート運営事務局

セミナー内容

第1部 大学向け調査「キャリア・就職支援への取り組み調査」結果報告

第1部では、2022年7月に実施の「キャリア・就職支援への取り組み調査」について結果報告をいたしました。就職ガイダンスへの動員対策や、キャリアセンターが注力しているミッションについて、また低学年へのキャリア教育など、全国の大学・大学院にてどのような取り組みを行っているのかを説明いたしました。

第2部 低学年向けキャリア支援企画活用事例と今後の提供企画について

第2部では、マイナビの低学年支援についての考え方・教材の共有と、全国の大学にてどのような低学年キャリア支援を行っているかの事例を紹介いたしました。キャリアセンターとの連携だけでなく、授業での連携事例も紹介いたしました。

第3部 2023年卒 就職戦線総括および2024年卒 動向予測(全国版)

第3部では、企業向け調査や学生向け調査などを基に、2023年卒 新卒採用の振り返りと、2024年卒 新卒採用の展望、また学生の配属先へのこだわりとキャリア教育の必要性について説明いたしました。参加者様からのチャットでのご質問も多くいただいたパートでした。

アンケートのご紹介

アンケートにご協力いただいた皆さまからのお声を、一部紹介させていただきます。

  • 最近の傾向が分かって良かったです。他大学様も同様の悩みを抱えており、本学の学生に限った傾向では無いことに少し安心しました。キャリア教育の在り方が転換期を迎えているのは現場でも感じていますので、今回のセミナーを参考にさせていただきながら大学での対応の方向性を検討していきたいです。
  • 23年卒の傾向から今後に向けての動きについて理解が深まりました。また、本学にとっての課題が改めて浮き彫りになったと思います。
  • 全体的な就活業界についての話の中で、各大学の取り組みなどを紹介されて「そういう方法もあるのか」と色々なヒントをもらったような気がしました。アーカイブをあえて残さないなど早速本学でも実験してみようと思いました。
  • 低学年へのキャリア支援の実施状況や具体例が聞けたこと。最近は二年生の春休み中に何かしら準備したいと相談に来る学生も多いので、学年末試験に支障のない時期にできると更に自分のキャリアについて落ち着いて考える学生も増えるかな?と思いました。
  • 他大学の状況を踏まえたうえで今後どういった支援が必要とされるのか、低年次支援も含めてお話いただけた点が良かったです。また学生の価値観を踏まえた分析も改めてハッと気づく視点があり、大変参考になりました。

今後も皆さまのお声をいただきながら、より良い情報をお届けできるように努めて参ります。また今後のセミナーでお会いできることを楽しみにしております。