年間計画|スケジュール作成時に意識したいこと

この記事はこんな方にオススメ

  • キャリア支援・就職支援における年間スケジュール作成のポイントを知りたい
  • 支援計画を立てるうえで意識したい視点を知りたい

支援内容によって、年に1回、半年に1回など支援計画を立てるタイミングがあるとおもいます。
ここでは、年間計画を立てるうえで意識したいポイントをご紹介いたします。

年間計画のポイント

  • 支援方針に則した支援内容を考案する
  • 学年別や就職活動の進捗別など、対象の学生に合わせた支援内容を設定する
  • 学生の動きだけでなく、理想とするスケジュールに則して支援内容の実施時期を決める
  • 支援方針ありきで考え、マンパワーや経験値が足りない場合は他部署や外部発注先に依頼する

例えばエントリーシート対策の相談が大学3年生の3月に多い場合、3月に学生相談など個別対応を充実させることに加えて、大学3年生の夏までに自己分析、12月までにエントリーシートを書いてみるなど、前段階での準備が必要となるでしょう。
また、授業やガイダンスを実施するだけでは、十分な学生の支援になるとは一概に言えず、一つひとつのガイダンスの中で「学生をどのような状態にさせたいか?」というゴール設定をしたうえで内容を考えていくことが必要でしょう。

まずはここから取り組みたい

  • ご自身が担当している支援内容において、実施時期を見直せるのであればいつが適切か・それはなぜかを考えてみてはいかがでしょうか

支援計画 - ページ一覧

  1. 年間計画|スケジュール作成時に意識したいこと
  2. マス対応|多くの学生への周知
  3. 個別対応|学生相談で気を付けたいこと
  4. 情報発信|学生への発信内容で工夫したいこと
  5. 企業対応|どのような対応が適切か