調査資料

学生アンケート

マイナビ 2021年卒 大学生 活動実態調査(7月)2020.08.12

PDF形式でのデータダウンロードはこちら

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2021年3月卒業予定の全国の大学生、大学院生(7,386名)を対象に、「マイナビ 2021年卒大学生活動実態調査(7月)」の結果を発表しました。概要は以下の通りです。

【TOPICS】

◆2021年卒業予定の大学生・大学院生の7月末時点の内々定率は73.1%(前年比6.9pt減)、平均内々定保有社数は2.1社(前年比0.1pt減)
7月の内々定率が前年の6月並み(20年卒6月内々定率74.4%)であることから、21年卒の就職活動は前年に比べ1ヵ月遅れで進んでいるといえる。【図1、2】

図1 内々定率 経年比較

図2 平均内々保有社数
◆内々定を保有している学生が、入社意思の最も高い企業で受けた面接の形式は、「WEB」が54.2%、「対面」が45.8%。WEBがやや多い結果に。【図3】
図3 <内々定保有者限定>入社医師の高い企業について、今まで受けた面接の形式
◆入社意思の最も高い企業から受けたフォローのうち、最も不安が軽減されたものは「人事との面談」で36.3%。
面接形式がWEBだった学生は、面接形式が対面だった学生よりも「内定者間の座談会や交流会」、「複数の社員との座談会や交流会」、「人事以外の社員との面談」など、WEBでは会いにくい、人事担当者以外の人と話ができる機会を求めていることがわかる。“人”に関わる多面的なフォローで不安が軽減された様子がうかがえた。【図4】

<内々定保有者限定>内々定後入社意思の最も高い企業から受けたフォローのうち、最も不安が軽減されたもの(上位5位抜粋)
PDF形式でのデータダウンロードはこちら
*PDFデータをご覧になるには、プラグインが必要です
無償プラグインのダウンロードはこちら
調査名 マイナビ 2021年卒 大学生 活動実態調査(7月)
実施期間 7月調査:2020年7月24日 ~7月31日
調査方法 マイナビ2021の会員に対するWEBアンケート
調査対象 2021年3月卒業見込みの全国の大学生、大学院生
学生の属性データ<文理男女別>
3月 4月 5月 6月1日 6月 7月 8月
文系男子 1,017 1,763 1,789 1,756 1,745 1,448
文系女子 2,587 4,296 4,353 4,178 4,206 3,177
理系男子 941 1,675 1,639 1,665 1,695 1,437
理系女子 1,098 1,744 1,750 1,757 1,679 1,324
総計 5,643 9,478 9,531 9,356 9,325 7,386
学生の属性データ<理系 学部・院生別>
3月 4月 5月 6月1日 6月 7月 8月
院生 586 1,123 1,166 1,242 1,238 1,003
学部 1,453 2,296 2,223 2,180 2,136 1,758
総計 2,039 3,419 3,389 3,422 3,374 2,761
学生の属性データ<現住所地域別>
3月 4月 5月 6月1日 6月 7月 8月
北海道 175 287 286 280 266 215
東北 271 422 418 421 425 343
関東 2,106 3,777 3,895 3,799 3,855 2,978
甲信越 144 256 253 242 222 214
東海 714 1,132 1,083 1,015 1,006 820
北陸 129 258 222 206 242 175
関西 1,203 1,970 2,018 2,077 2,002 1,572
中国 301 484 476 431 421 349
四国 127 183 186 185 186 129
九州 473 709 694 714 698 591
総計 5,643 9,478 9,531 9,350 9,323 7,386

■本調査に関するお問合せ
  株式会社マイナビ  社長室  HRリサーチ部
  Tメールアドレス:myrm@mynavi.jp

▲ ページトップへ