就職指導関連資料

就職指導Q&A

Q1.エントリーシートにあるTOEFL、TOEICなどの点数は、どのくらいのレベルであれば…

Q1.エントリーシートにあるTOEFL、TOEICなどの点数は、どのくらいのレベルであれば書いたほうがいいのでしょうか? あまり低い場合は、書くと逆にマイナスイメージになると思うのですが。

A1.あまりにも低い点数でしたら書かないほうがいいでしょう。なぜならば、そのことを堂々と書くことで、「自分の位置をわかっていない学生」と思われてしまいます。履歴書に書いてもいいとされる点数はだいたい500点以上といわれています。TOEICの点数は変わりますので、できるだけ頻繁に受けてみましょう。最近ではTOEICの点数が「700点以上だと筆記試験免除」「500点以上の人だけES提出可能」などというハードルを設けている会社もあります。

▲ ページトップへ

Q2.どう考えても難易度の低い資格はエントリーシートなどに書かないほうがいいのでしょうか?…

Q2.取得に1週間くらいしか掛からないような、どう考えても難易度の低い資格はエントリーシートなどに書かないほうがいいのでしょうか?

A2.まず、その資格がエントリーシートを出そうとしている企業の業務と、どれだけ関連性があるのかという視点で考えてみましょう。もし業務に関連があるのであれば、書いておくといいと思います。また、資格は難易度だけの問題ではなく、それらのことに前向きに取り組んだという点を評価されることも多いので、ほかに記入する資格がなければ書いておいたほうがいいでしょう。

▲ ページトップへ

Q3.自慢できる資格が一つもありません。資格がないと、面接や選考では不利ですか?

Q3.自慢できる資格が一つもありません。資格がないと、面接や選考では不利ですか?

A3.面接で見られているポイントは、「資格」ではなく、あくまで「人物」です。そして、資格は自分自身の能力を表現する一つの手段に過ぎません。ですから、資格を持っている人は資格をアピールすると共に、自分のセールスポイントをさらにアピールしていくことが重要です。特に、資格を持っていない人も、志望動機や自己PRなどで自分自身を十分にアピールできれば、不利になることは決してありません。

▲ ページトップへ

マイナビ学生集め~る

『マイナビ学生集めーる』は、マイナビにご登録いただいている貴校の学生に対して情報を配信することができます。
「Q&A」や「学内ガイダンス」などご活用ください。