調査資料

学生アンケート

2018年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査2017.5.23

PDF形式でのデータダウンロードはこちら

「マイナビ」・「マイナビ転職」・「マイナビ派遣」・「マイナビ転職エージェント」などの人材情報サイト運営をはじめ、各種の就職・転職情報サービスを行う株式会社 マイナビ(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 中川信行)は、毎年大学生のUターン・地元就職に対する意識調査を行っております。このたび、調査回答数6,969名にて、2018年3月大学卒業予定者のUターン・地元就職に関する調査結果がまとまりましたので、ここに発表させていただきます。 ※報道目的でのデータ引用をご希望の際は、本ページ最下部に記載の問い合わせ先まで事前にご連絡ください。

調査結果
■1 : 最も就職したい都道府県と卒業高校都道府県(=地元都道府県)の一致率
地元就職希望割合は対前年3.5pt減の51.8%。エリアによって希望割合が異なる。
卒業した高校の所在地と最も働きたい都道府県の一致率を見てみると、全国の平均で51.8%(対前年3.5pt減)と、前年を下回った。地元の大学に進学した学生(地元進学者)では72.2%(対前年3.5pt減)で、地元外に進学した学生(地元外進学者)の35.7%(対前年2.1pt減)と比較すると、倍以上開きがあることがわかる。この7年で全体の一致率を比較すると、12年卒の63.3%から11.5pt減少しており、この7年で地元就職希望割合は減少傾向にある。その背景として就職環境の好転により、大都市圏を中心とした大手有名企業に目が行きやすくなっていると推察される。 エリアごとに見ると、全体的に地元進学者のほうが高い傾向に変わりはないが、関東エリアにおいては、地元進学者の一致率が96.9%と他エリアよりも抜けて高い。地元進学者と地元外進学者の一致率に大きな差があるエリアは、中国エリア、四国エリアにおいて40pt以上の開きがある。同じ40pt以上開きのある東海エリアは地元進学比率が高い為、地元に残る学生は多いものの、一旦大学進学時に東海を離れた学生は地元に戻り難い状況にあるようだ。
■2 : 地元の特徴について
「自然が豊か」「郷土愛が強い人が多い」が上位回答となる中、エリアごとに捉え方が異なる 。
今年初めて地元の特徴について聞いてみたところ、「自然が豊か」(46.1%)や「郷土愛が強い人が多い」(39.8%)などが上位回答として挙げられた。都道府県別にみると、青森県では「有名な祭りがある」(78.0%)が最も高く、京都府では「郷土の歴史や文化財を大切にしている」(57.4%)、神奈川県では「外国人観光客が集まる観光地がある」(40.1%)が最も高くなるなど、各都道府県で特徴的な違いがみられる。
■3 :  地元企業への就職活動で最も障害に感じていること
最も困っていることは「地元までの交通費」。「地元企業の数が少ない」「地元までの距離・時間」が続く。
地元外進学者の内、地元での就職活動を考えている学生に、現在最も障害に感じていることを聞いたところ、「地元までの交通費」(26.0%)が最も高かった。「地元企業の数が少ない」(18.6%)「地元までの距離・時間」(14.4%)が次いで選ばれている。交通費や、距離・時間の問題は、WEBセミナーの開催や、企業担当者が直接都道府県に出向くことで改善できる。「地元企業の数が少ない」ことについては、単に認知している企業数が少ないということも考えられる。まずは地元企業を学生に知ってもらう機会を増やすことが改善策となりそうだ。
■4 : 両親や親族の影響
両親や親族に相談した割合は76.8%。全体は「女子は母親」に、男子はやや父親に相談する割合が高い。
両親や親族に相談したことがある割合は76.8%と、4人に3人が相談している。全体としては「母親」(62.8%)に相談する割合が高いものの、地元進学者、地元外進学者共に、「女子は母親」を相談相手とする割合が高く、「男子は父親」に相談する割合が女子よりやや高い傾向にある。両親のアドバイスが就職活動に影響するかという問に対して、「(大きく+多少)影響する」と回答する割合が8割(79.3%)となっており、進路決定に一定の影響を及ぼしていることが分かる。
■5 : 地元(Uターン)就職を希望する理由
「自分の意思から両親の近くで生活したいから」「実家から通えて経済的に楽だから」が上位に。
地元(Uターン)就職を希望する学生の理由として、「自分の意思から両親の近くで生活したいから」(47.9%、対前年1.3pt増)が最も高く、次いで「実家から通えて経済的に楽だから」(42.2%、対前年1.9pt減)となった。男女で比較してみると、女子が地元進学、地元外進学の両方で「(自分の意思から)両親や祖父母の近くで生活したいから」、「実家から通えて経済的に楽だから」が男子より高い割合にあり、地元就職を考える大きな要素となっている。「地元の風土が好きだから」(41.2%、対前年2.7pt増)は、東北エリアや九州エリア(沖縄県を含む)において、最も高い「就職を希望する理由」として挙げられる割合が高い。
■6 : 地元(Uターン含む)就職を希望しない理由と実現すれば地元就職するかもしれないもの
実現すれば地元就職するかもしれないもの1位は「働きたいと思うような企業が多くできる」
地元(Uターン含む)就職を希望しない学生の理由として「都会のほうが便利だから」(38.4%、対前年3.4pt増)や、「志望する企業がないから」(38.1%、対前年1.9pt増)が上位の理由として挙げられている。実現すれば地元就職するかもしれないものについては、前年同様「働きたいと思うような企業が多くできる」(47.1%、対前年0.5pt増)「給料がよい就職先が多くできる」(35.4%、対前年0.9pt減)が上位となった。
■7 : 地元以外の自然が豊かな地方で働くことを希望する割合(Iターン就職)
地元以外の自然豊かな地方での就職を希望する学生は4割。
地元(Uターン含む)就職以外に地元以外の自然が豊かな地方で働いてみたいと思う割合は4割(38.8%)。男子の方が女子よりも希望割合がやや高い。希望者にその理由を尋ねたところ、「自然の中で楽しめる時間を持てるから」(42.9%)や、「新たな人々との出会いが生まれるから」(37.6%)などが上位回答となった。
PDF形式でのデータダウンロードはこちら
*PDFデータをご覧になるには、プラグインが必要です
無償プラグインのダウンロードはこちら
調査概要
調査名 --- 2018年卒 マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査
調査目的 --- 就職活動状況の特別調査
調査期間 --- 2017年3月20日~4月11日
調査対象 --- 2018年卒業予定の全国大学4年生及び院2年生のマイナビ会員
調査方法 --- 3月20日時点のマイナビ会員にハイブリッドDM(WEB DM)で配信
有効回答数 --- 6,969名
有効回答数内訳 --- 文系男子/1,238名、理系男子/1,239名、文系女子/3,146名、理系女子/1,346名

■本調査に関するお問合せ   株式会社マイナビ  社長室  HRリサーチ部
  TEL: 03(6267)4571/E-mail: hrrc@mynavi.jp

▲ ページトップへ