調査資料

学生アンケート

2021年卒 マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査2019.07.23

PDF形式でのデータダウンロードはこちら

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、「2021年卒マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査」を発表しました。本調査は、インターンシップの参加学生や実施企業が年々増加していることを受け、現時点での学生の参加意思や興味・関心を調査するため、2018年より実施しております。調査対象は2021年春卒業予定の大学生・大学院生です。調査結果の概要は以下の通りです。

◆ 5人に1人がインターンシップ経験済み。77.0%の学生が6月末時点で応募以降の過程に進む。
2019年6月の調査以前に既にインターンシップを経験したことがある学生は23.8%と5人に1人が参加経験ありという結果となった。
現在の状況については2019年6月末時点で77.0%が応募以降の過程に進んでおり、インターンシップイベントには64.9%(前年53.6%、前年比11.3pt増)が参加済みと回答した。夏のインターンシップ参加に向けて学生は昨年以上に早く動き出していることがわかった。
◆ 95.6%がインターンシップ選択の際に就職活動を意識している。参加希望社数は5.1社と意欲的。
インターンシップに対して78.6%が積極的であるとし、参加希望社数は5.1社(前年4.2社、前年比0.9社増)と意欲的な姿勢が窺えた。

また、インターンシップ先企業を選択する際に「就職活動を意識している」とした学生は95.6%(前年92.4%、前年比3.2pt増)であり、このことはインターンシップの参加目的の上位に「どの業界を志望するか明確にするため」「どの職種を志望するか明確にするため」があることからも裏付けられている。加えて、参加目的のうち「視野を広げるため」を選択する割合が前年よりも18.5pt増えていた。

21年卒の学生はインターンシップを「志望先を明確にする」ためだけでなく「視野を広げる」ためにも活用しようとしているようだ。

◆ インターンシップの選択基準は「参加しやすい場所」「短期間」「補助」。
インターンシッププログラムの選択基準について、全体としては「参加しやすい場所で開催される」、「参加期間が短期間である」を挙げる割合が高かった。理系男子のみ、「参加期間が長期間である(23.4%)」と回答する割合が高かった。

 またエリア10区分において、関東以外のエリアでは、「交通費や昼食など、もらえるものや具体的な補助がある」を選択する割合が高く、関東エリアでは「プログラムの種類がたくさんある」を選択する割合が高かった。関東以外のエリアでは場所・期間・費用がポイントで”参加のしやすさ”を求めており、関東エリアでは場所・期間・種類がポイントで”幅広い選択肢があること”を求めていると推察できる。


◆ 参加したいインターンシップのプログラム内容 ポイントは「フィードバック」と「実務経験」。
参加したいインターンシップのプログラム内容について、『第2回 学生が選ぶインターンシップアワード』の評価項目に準じて問うたところ、5割以上の学生が「フィードバックの内容が自分自身のためになる(63.2%)」、「実際に社員が働いている職場を見学することができる(55.8%)」、「個人に対して定期的にフィードバックを受けることができる(55.5%)」プログラムに参加したいと回答した。

また、「参加したいインターンシップの形式」において「職場見学型(61.9%)」および「同行体験型(66.4%)」の回答割合が高いことから、学生が企業に期待することとしては、”学生としっかり向き合い、適正なフィードバックが行われている”こと、”よりリアルな実務を体験できる場が提供されている”ことであることがわかる。
◆ インターンシップ以外に何らかの就職活動準備を行ったことがある割合は81.6%。
インターンシップ以外の就職活動準備を今までに行ったことがある割合は81.6%*1であった。内訳としては「自己分析(59.1%)」、「業界・企業研究(53.4%)」、「職種(仕事)研究(32.9%)」であった。

 業界・企業研究、職種・仕事研究、自己分析といった就活準備の詳細な準備については、いずれにおいても「学内ガイダンス(企業参加なし)に参加する」「学内セミナー(企業参加あり)に参加する」「就職活動準備のための、企業が来るイベント(業界研究イベント等)に参加する」と回答する学生の割合が多かった。また、就活準備として上記項目を行ったことがある学生と行ったことがない学生で比較すると、行ったことがない学生は「大学のキャリアセンターに相談する」「就職活動を終えた先輩に話を聞く」等、”誰かに相談をする”ことから始めるようだ。この回答傾向は理系学生において特に顕著であった。

*1 「インターンシップ以外の就職活動準備を今までに行ったことがある割合」は「どれもしたことがない(18.4%)」と回答していない学生とする。

PDF形式でのデータダウンロードはこちら
*PDFデータをご覧になるには、プラグインが必要です
無償プラグインのダウンロードはこちら
学生の属性データ<文理男女別>
調査名 2021年卒 マイナビ大学生インターンシップ前の意識調査
調査期間 2019年6月20日~6月30日
調査対象 マイナビ2021会員のうち「2021年春」に卒業予定の大学生・大学院生
調査方法 マイナビ2021会員にメール告知・WEBフォームにて回答
有効回答数 6,336名
学生の属性データ<文理男女別>
有効回答数内訳 理系女子 理系男子 文系女子 理系女子 総計
理系女子 983 1,099 3,092 1,162 6,336
学生の属性データ<理系系統別>
内訳 機電系 情報系 土木・建築系 化学系 薬学系 その他理系 総計
人数 332 256 168 690 208 120 1,774
学生の属性データ<現住所エリア別>

海外在住の学生データは少数のため個別には表示しない。全体には含む。

内訳 北海道 東北 関東 甲信越 東海 北陸 関西 中国 四国 九州 総計
人数 171 237 2,811 102 656 143 1,336 296 118 461 6,331

■本調査に関するお問合せ   株式会社マイナビ  社長室  リサーチ&マーケティング部
  TEL: 03-6267-4571/E-mail: myrm@mynavi.jp

▲ ページトップへ